ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

呼吸リハビリテーションはCOPDにどのように役立ちますか?

2020-07-05 15:04:31
2 つの答え
    1
Abdel   

包括的な呼吸リハビリテーションプログラムには、持久力と体力の​​運動トレーニング、教育、栄養カウンセリング、心理社会的サポートとカウンセリングが含まれます。慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状、最大酸素消費量、および生活の質の測定を改善できます。患者さんの体力、持久力、柔軟性を改善し、息切れの症状や日常生活動作、社会・家族活動への努力を軽減します。また、入院数を減らすことができます。利点は個人によって異なりますが、改善を維持するには運動療法への一貫した参加が必要です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、肺の気流が制限されて呼吸が困難になる長期的な肺疾患の一種です。 COPDは通常、何年も喫煙した後に起こります。悪化を防ぐ最善の方法は、喫煙をやめることです。治療の選択肢には、投薬、吸入器、呼吸リハビリテーション、酸素療法、運動や禁煙などのライフスタイルの変更が含まれます。

    2
Malinda   

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、肺の気道の慢性的な閉塞です。この閉塞は、慢性的な息切れや日常の活動への参加の困難につながる可能性があります。高度なCOPDの場合、呼吸リハビリテーションと治療の組み合わせにより、生活の質を向上させることができます。包括的なリハビリテーションプログラムには、病気の教育、栄養計画、運動トレーニング、呼吸療法、およびカウンセリングが含まれます。さまざまなスペシャリストがお客様と協力して、お客様の特定のニーズに合わせてプログラムを調整し、COPDを管理するための戦略の策定を支援します。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved