ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

アレルギー性喘息とは何ですか?

2020-07-09 15:03:01
2 つの答え
    1
Ignacio   

アレルギー性喘息は、アレルギー反応によって引き起こされる喘息です。アレルギーの季節に呼吸困難があると、アレルギー性喘息になることがあります。

アレルギー性喘息の人は通常、花粉などのアレルゲンを吸入すると症状を感じ始めます。喘息患者の半数以上がアレルギー性喘息です。ほとんどの場合、アレルギー性喘息は治療可能です。

アレルギー治療は症状の重症度によって異なります。かゆみなどの古典的なアレルギー症状に対処するには、抗ヒスタミン薬が必要になる場合があります。症状がさらに重症の場合は、アレルギー注射が必要になることもあります。

アレルギー性喘息の発作は必ずしも予防できるとは限りません。ただし、環境を変更することで、頻度を下げることができる場合があります。

喘息は軽度または重度であり、呼吸への影響によって分類されます。最も憂慮すべきことは、喘息発作、激しい咳や喘鳴の症状(症状)であり、息を止めることが非常に困難です。しかし、喘息は慢性状態になることもあります。治療は抗炎症薬と気管支拡張薬による。

    2
Zene   

アレルギー性喘息は、花粉、ペットのふけ、チリダニまたはカビなどのアレルゲンが吸入されると発生する喘息の一般的な形態です。これらのアレルゲンは、免疫系の過敏反応を引き起こし、気道の炎症を引き起こします。気道周辺の筋肉も引き締まります。症状には、咳、喘鳴(症状)、息切れ、急速な呼吸、胸の締め付けなどがあります。喘息の症状を引き起こしているアレルゲンを特定することは、人々がこれらの引き金を回避して喘息を制御できるようにするために不可欠です。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved