ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

HIVは私の癌発症リスクにどのように影響しますか?

2020-07-14 07:09:31
1 つの答え
    1
Flower   

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染は、さまざまな程度の免疫系抑制を引き起こし、癌のリスクを高めます。 HIV感染に最もよく関連する癌は、カポジ肉腫や性的接触により感染することが最も多いヒトパピローマウイルス(HPV)など、関連する他の癌原因ウイルスによって引き起こされることが知られています。他の種類の癌のリスクはそれほど一般的ではありませんが、HIVウイルスに感染している患者では、特に個人が大量に喫煙または飲酒している場合に増加する可能性があります。これらのリスクには、肛門、肝臓、口と喉、肺、睾丸、結腸、直腸、皮膚の癌が含まれます。

HIVに共通のがん:

  • カポジ肉腫。血管壁の腫瘍であるこの癌は、HIVに感染していない人ではまれですが、HIV陽性の人では一般的です。通常、皮膚や口のピンク、赤、紫の病変として現れます。皮膚が暗い人では、病変は暗褐色または黒色に見えることがあります。カポジ肉腫は、消化管や肺などの内臓にも影響を及ぼします。
  • リンパ腫。このがんは白血球から発生します。最も一般的な初期徴候は、首、脇の下、または鼠径部のリンパ節の痛みのない腫れです。

免疫システムが弱体化しているため、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染した人は、ウイルスのない人よりも特定の癌を発症するリスクがかなり高くなります。カポジ肉腫、非ホジキンリンパ腫、子宮頸がんは、AIDSを定義するがんと見なされます。医療専門家は、個人が後天性免疫不全症候群、またはAIDSを発症した際の決定的なポイントとして、これらのがんの1つの発生をマークします。専門家の助言を受けて、エイズ関連の癌の症状と診断についてさらに学びましょう。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved