ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

エイズ関連リンパ腫はどのように治療のために分類されますか?

2020-07-31 07:09:31
1 つの答え
    1
Radley   

リンパ腫はさまざまな方法で分類されますが、エイズ関連リンパ腫をグループ化する主な方法は、体内のどこから始まったかに基づいています。末梢リンパ腫はリンパ節またはリンパ系の他の臓器に発生し、リンパ腫は脳や骨髄を含む全身に広がる可能性があります。原発性中枢神経系リンパ腫は中枢神経系(脳と脊髄)で始まり、体の他の場所では発生せず、中枢神経系に拡がります。

治療のために、エイズ関連リンパ腫は、次のように体内のどこから始まったかに基づいてグループ化されます。

末梢リンパ腫または全身性リンパ腫

リンパ系または脳以外の体の別の場所で発生するリンパ腫は、末梢リンパ腫または全身性リンパ腫と呼ばれます。脳や骨髄など、全身に広がる可能性があります。多くの場合、進行した段階で診断されます。

エイズ関連の末梢リンパ腫または全身性リンパ腫の治療法には以下のようなものがあります:

  • 標的療法を伴うまたは伴わない併用化学療法。
  • 治療に反応しなかった、または再発したリンパ腫に対する大量化学療法と幹細胞移植。
  • 中枢神経系に転移する可能性が高いリンパ腫の髄腔内化学療法。

原発性中枢神経系リンパ腫

原発性中枢神経系リンパ腫は中枢神経系(脳と脊髄)から発生します。エプスタインバーウイルスにリンクされています。体の他の場所から始まり中枢神経系に広がるリンパ腫は、原発性中枢神経系リンパ腫ではありません。

エイズ関連の原発性中枢神経系リンパ腫の治療法には以下のようなものがあります:

  • 外照射療法。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved