ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

小児の低悪性度星状細胞腫は手術後にどのように治療されますか?

2020-08-28 15:04:31
1 つの答え
    1
Mercia   

小児低悪性度星状細胞腫の術後治療には以下が含まれます:

切除後、直後の術後磁気共鳴画像が得られる。その後、完全に切除された腫瘍について定期的に監視スキャンが行われますが、この値は不明です。腫瘍の一部が切除された一部の患者では、特に腫瘍の再成長のペースが非常に遅いと予想される場合、患者はさらに疾患に応じた治療なしで観察されることもあります。

放射線治療。放射線療法は、進行性疾患が文書化されるまで保留されることが多く、幼児で一般的に採用されている戦略である化学療法の使用により、その使用はさらに遅れる可能性があります。放射線療法は、ほとんどの子供に長期的な疾患制御をもたらしますが、実質的な知的および内分泌学的後遺症、脳血管障害、そしておそらく二次腫瘍のリスクの増加をもたらす可能性もあります。

化学療法。放射線療法に伴う副作用を考えると、化学療法は特に幼児に適している可能性があります。化学療法は、客観的な腫瘍の縮小をもたらし、ほとんどの患者の放射線療法の必要性を遅らせる可能性があります。

脳がんと脳腫瘍は同じ意味で使用されますが、すべての脳腫瘍ががん性(悪性)であるとは限りません。悪性脳腫瘍は積極的に成長し、健康な細胞を圧倒し、近くの脳組織を破壊します。脳で発生するがん(原発性脳がん)は、体の他の部分で発生するがんよりもまれです。肺、乳房、腎臓、または体の他の部分で発生するがんは脳に拡がることがありますが、原発性脳がんは脳の外に拡がる可能性は低くなります。この神経疾患の正確な原因は不明ですが、タバコを吸ったり、頭への放射線に接触したり、特定の化学物質に接触したりすると、リスクが高まります。専門家の助言を受けて、脳およびその他の神経系がんの症状と治療についてさらに学びましょう。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved