ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

豊胸手術から回復するとき、私は何を期待すべきですか?

2020-09-02 15:04:31
3 つの答え
    1
Freya   

豊胸手術から回復するとき、不快感は通常約3日間続き、人によって異なります。通常、3日後には、車で運転して、デスクワークなどの軽い仕事ができるようになります。最初の1、2週間が終わるまで、活動に精力的に取り組む気にはなれません。痛みや腫れは、手術後数週間は起こりそうです。あざも可能です。傷跡は時間とともに消えていきますが、完全に消えることはありません。通常の活動に戻ることについては、外科医の指示に従ってください。肉体的に厳しい仕事がない場合は、数週間以内に仕事に戻ることができるかもしれません。少なくとも2週間は、激しい活動(心拍数や血圧を上昇させる可能性のあるもの)を避けてください。あなたが癒している間、あなたの胸は物理的な接触や不快な動きに敏感になることを忘れないでください。

あなたは乳房手術から非常に良い結果を得る可能性があります。あなたは自分の外見と自分自身について気分が良くなるかもしれません。また、手術による痛みや皮膚の症状が消える可能性があります。あなたはあなたの胸を再形成するために数ヶ月の間特別な支持ブラを着用する必要があるかもしれません。瘢痕は永続的であり、多くの場合、手術の翌年に目立ちます。この後、色あせすることがあります。あなたの外科医はあなたの傷ができるだけ隠されるように切開を配置しようとします。

豊胸は、次のようなさまざまなリスクをもたらします。

  • 豊胸手術の形状を歪める瘢痕組織(被膜収縮)
  • 胸の痛み
  • 乳房感染症
  • 乳首と乳房の感覚の変化
  • 豊胸手術の漏れまたは破裂
  • 豊胸手術の波打つ
  • 2つの胸の異なるサイズまたは形状

これらの合併症を矯正するには、豊胸手術を除去または交換するために、さらに手術が必要になる場合があります。ある研究では、豊胸手術と、免疫系のまれな癌である豊胸手術に関連する未分化大細胞リンパ腫(ALCL)の発症との関連の可能性が確認されています。この研究では、豊胸手術を受けた女性は、未分化大細胞リンパ腫(ALCL)を発症するリスクは非常に低いが、リスクが高い可能性があると考えています。ただし、未分化大細胞リンパ腫(ALCL)と豊胸手術の関係を完全に理解するには、さらなる研究が必要です。

    2
Fredrica   

他の外科的処置と同様に、回復に大きな役割を果たすことを期待する必要があります。手術の翌日には、やりすぎないように気をつけながら、歩き回る気にさせる必要があることを理解してください。軽度の不快感と胸や肩の緊張感が予想されます。腕を脇に寄せておくのを忘れないでください。活動のために腕を肩より上に上げるにはしばらく時間がかかります。

最初の数日間は自宅で助けが必要になるでしょう。医師が処方する軽度の鎮痛薬は、最初の痛みを和らげます。緊張感は1週間から10日で解消するはずです。あなたがそう選択した場合、あなたの新しい体格を引き立たせる服を自由に着てください、ただあなたの切開の領域でこすったり結合したりするそれらの衣服を避けることを忘れないでください。

肩の下にいくつかの枕を置いて寝ると、術後の腫れを減らすのに役立ちます。豊胸手術が体の位置からずれないように、最初の数か月(またはそれ以上)は仰向けに寝ることが非常に重要です。

一部の外科医は、手術後しばらくの間、バンドー、ブラジャー、または圧縮性の衣服を着用することを勧める場合があります。これはまた、体液の蓄積を防ぎ、治癒中の豊胸手術の変位を最小限に抑えるのに役立ちます。衣服や切開の問題に取り組んでいる間は、手術部位を覆い、直射日光を避けて数か月間保管してください。これにより、色素脱失または色素脱失のリスクを最小限に抑えて瘢痕を成熟させることができます(周囲の皮膚よりも明るいまたは暗い色合いになります)。

    3
Ona   

手術後の最初の数日は最も困難になります。あなたは疲れて痛くなり、あなたの胸はきつくて腫れます。痛みは通常約1週間で治まりますが、腫れは数週間続きます。特に豊胸手術が筋肉の下に配置されている場合、豊胸手術は胸の高さに見えることがあります。数週間から数か月の間に、筋肉が弛緩し、豊胸手術が適切な場所に落ちます。手術後の最初の6週間はスポーツブラを着用する必要があるかもしれません。手術後の最初の1週間は活動を制限する必要がありますが、その後は徐々に活動を増やすことができます。医師は、不快感を和らげるために鎮痛薬と筋弛緩薬を処方します。この薬を服用している間は運転しないでください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved