ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

冠動脈疾患の薬について何を知っておくべきですか?

2020-10-18 07:09:31
1 つの答え
    1
Rena   

冠動脈疾患を直接治療する薬について考えるとき、コレステロールを下げるのに役立つアトルバスタチンやシンバスタチンのような薬を思い出します。これらの薬の主な副作用は、それらが肝臓に及ぼす影響です。したがって、これらの薬を服用した場合、医師は、コレステロール値だけでなく肝臓の機能も監視するために、定期的に血液検査を依頼するでしょう。

アトルバスタチンやシンバスタチンのような薬を服用することは、心臓の健康を管理し、心臓の動脈におけるプラークの蓄積のプロセスを確実に遅らせることへの長期的な取り組みを伴います。これらの薬物はコレステロールを魔法のように低下​​させるものではないことを理解してください。これは健康的な食事、運動、薬物の共同作業です。シンバスタチンやアトルバスタチンのような他の一般的な潜在的な副作用には、筋肉の痛みや血糖値の上昇があります。最も基本的なレベルでは、コレステロールの管理には深刻なライフスタイルの変化が伴い、時間の経過とともにより良い習慣を身につけるために、一度に1つの小さな目標に取り組む必要があります。

あなたの循環器系は、心臓と、動脈、静脈、毛細血管の3つの主要な種類の血管で構成されています。あなたの心臓はシステムの中心にあり、あなたの体を通して栄養と酸素に富んだ血液を分配するポンプとして機能します。その後、二酸化炭素や、体に不要なその他の廃棄物を取り除きます。冷え性の兆候には、手足の冷え、しびれ、めまい、片頭痛、静脈瘤、足や脚の痛みなどがあります。未治療の血行不良は、脳卒中、高血圧、腎臓の損傷、その他の疾患を引き起こす可能性があります。専門家のアドバイスを受けて、心臓と循環器系についてさらに学びましょう。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved