ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

母乳育児のメリットは何ですか?

2020-12-01 07:09:31
15 つの答え
    1
Dianne   

母乳育児の健康上の利点には、赤ちゃんと授乳中の母親への利点が含まれます。授乳中の母親にとってのメリットは次のとおりです。

  • ポジティブな気持ちと感情的な幸福
  • 減量
  • 産後出血の減少
  • 子宮がんと乳がんのリスクの低下
  • 乳児用調製粉乳よりも経済的な母乳育児

赤ちゃんへのメリットは次のとおりです。

  • 赤ちゃんが必要とするすべてのカロリーと栄養素を提供します
  • 赤ちゃんの免疫システムを助けます
  • アレルギーのリスクを減らします
  • 乳幼児突然死症候群のリスクを下げる可能性があります
  • 後年の乳がんのリスクを下げる可能性があります
  • 後年の肥満の発生率を低下させる可能性があります

要約すると、母乳育児は母親と赤ちゃんにとって有益であり、より経済的であり、特別な準備を必要としません。授乳中のお母さんはより多くのカロリーを必要とし、授乳中にたくさんの水を飲む必要がありますが。

    2
Raizel   

母乳育児はあなたとあなたの赤ちゃんにとって素晴らしいです!赤ちゃんの授乳には多くの健康上の利点があります。

母乳育児は:

  • 赤ちゃんに最適な栄養を与える
  • 赤ちゃんの外来タンパク質との接触を制限する
  • 必要なホルモン、成長因子、免疫複合体を提供する
  • 良好な脳の発達を助けるために重要な脂肪酸を提供する
  • 赤ちゃんの感染症のリスクを減らす
  • あなたとあなたの赤ちゃんがお互いに絆を結ぶのを手伝ってください
    3
Isleta   

母乳の利点は重要です。赤ちゃんに可能な限り最高の栄養を提供することに加えて、それはまた彼らの免疫システムを高めるので、彼らはより少ない呼吸器と胃腸の感染症を持つでしょう。母乳育児はまた、アレルギーの発生率と重症度を軽減します。これは、アレルギーの家族歴がある場合に特に重要になる可能性があります。

    4
Ora   

一部の人にとっては選択肢ではないことは承知していますが、母乳育児はお子さんを養うための最良の方法だと思います。簡単に言えば、あなたの体はあなたの赤ちゃんが何を必要としているかを正確に知っています-そしてそれはあなたの母乳の形で栄養素の完璧なカクテルを作り上げます。

母乳は新生児にとって究極の蜜です。それはあなたの子供の健康と発達に大きな影響を与えるタンパク質、健康な脂肪、砂糖、ビタミン、ミネラルを含んでいます。それだけでなく、赤ちゃんが成長するにつれて実際に構成が変化し、成長するニーズに適応します。母乳は、感染症、アレルギー、喘息、乳幼児突然死症候群、その他の多くの病気からも保護します。そして、それはあなたにとって母乳育児が持つ利点についても言及していません:それは1日500カロリーのオーダーで何かを燃やし、出産後に子宮を収縮させるのを助け、そしてあなたの骨と特定の癌に対して保護効果があることが示されています。

    5
Radbert   

ママと赤ちゃんの両方に多くの利点があります。母乳には赤ちゃんの成長と発達に必要なすべての栄養素が含まれているため、母乳育児は費用対効果が高く便利です。母親にとっては、産後の回復が早く、出生後の体重が減り、乳がん、子宮がん、卵巣がんのリスクが低下します。乳児の場合、母乳育児は、耳の感染症、下痢または便秘、呼吸器感染症、喘息、糖尿病、白血病、およびアレルギーのリスクを減らすことができます。

    6
Tama   

赤ちゃんの生後6か月間、彼らの栄養は母乳または粉ミルクから得られます。あなたが知っている誰もが何が最善かについて何十もの意見を持っているでしょう。間違いなく、人間の母乳が人間の赤ちゃんの理想的な栄養のゴールドスタンダードであることは誰もが知っています。

母乳育児は、お母さんと赤ちゃんの両方に利点をもたらします。人間の母乳には、人体の成長に理想的な成分がすべて含まれています。さまざまな感染症から新しい赤ちゃんを保護するために母親の抗体を持っています。胃ウイルスや上気道感染症などの特定の感染症の重症度を軽減します。低刺激性です。脳の発達を刺激し、後年の肥満、糖尿病、およびある種の癌のリスクを軽減する製品が含まれています。

母乳は赤ちゃんのニーズに基づいて絶えず変化しています。新生児の母乳は、生後数か月の子供とはいくつかの点で異なります。ママにとって、母乳育児の利点には、母乳育児が最も簡単で安価な方法であるという事実が含まれます(事前の準備や製品は必要ありません)。妊娠中の体重を減らし、罪悪感なしに食べる素晴らしい方法。最近の研究では、乳がんのリスクが低下する可能性があることが示唆されています。それはあなたの赤ちゃんに特別な親密さを感じるための絶対に素晴らしい方法であり、避妊の一形態になり得ます。最後の利点として、避妊方法として母乳だけを頼りにしないでください。

    7
Abina   

母乳は、赤ちゃんの最適な成長と発達のための栄養の完璧なブレンドです。母乳の組成は、赤ちゃんが成長するにつれて変化し、発達の各段階で赤ちゃんに利益をもたらします。母乳は赤ちゃんが消化しやすいです。母乳に含まれる特殊な抗体は、赤ちゃんの健康を維持するための免疫保護を提供します。これは、赤ちゃん自身の免疫システムがまだ完全に発達していないため重要です。これは、耳の感染症、嘔吐、下痢、肺炎などの病気が少ないことを意味します。母乳で育てられた赤ちゃんは病気になる頻度が少ないので、他の家族と共有する細菌が少なくなります。母乳育児は、感染の減少に加えて、アレルギー、喘息、糖尿病、肥満などの小児疾患のリスクを減少させることもわかっています。母乳で育てられた乳児では、乳幼児突然死症候群の発生率も低下します。母乳育児の医学的利点に加えて、精神的および感情的な利点もあります。母乳育児はまた、皮膚と皮膚の接触が近いため、結合を強化します。これらの理由から、最初の赤ちゃんに母乳を与えるほとんどの母親は、将来の子供に母乳を与えることを選択します。

    8
Jabari   

次の統計を考慮してください。母乳で育てられていない乳児と比較して、3〜5か月間母乳で育てられている乳児は、6歳で肥満になる可能性が3分の1低くなります。 6か月間母乳で育てられた人は、6歳で肥満になる可能性が43%低くなります。また、1年以上母乳で育てられた人は、6歳で肥満になる可能性が72%低くなります。一部の研究では、母乳に満腹ホルモンであるレプチンが存在することが指摘されていますが、特定の研究者は、母乳の調節が原因であると理論付けています。彼女の食事の多様性へ-赤ちゃんが味と満腹の信号により調和した食欲を発達させるのを助けます。

赤ちゃんはまた、母乳からさまざまな健康保護効果を享受し、特定のアレルギー、耳の感染症、肺炎、髄膜炎に対する脆弱性を軽減します。それらはまた、将来の心臓病や糖尿病からよりよく保護されるかもしれません。研究者は、粉ミルクを与えられた子供たちは、人生の後半にコレステロールとブドウ糖のレベルが高くなる可能性が高く、それぞれ心臓病と糖尿病のリスクを高めることを発見しました。

Journal of the American Medical Associationの研究によると、母乳育児は赤ちゃんをより賢くする可能性もあります。これは、母乳育児の期間を、後年のさまざまな言語および知能テストで有意に高いスコアと関連付けました。さらに、米国小児科学会によると、母乳育児はより多くのカロリーを消費するため、母親が妊娠前の体重に早く戻るのに役立ちます。母親にとってのその他の利点には、卵巣がんのリスクの低下、骨粗鬆症の予防、閉経前の乳がんの発生率の低下などがあります。

しかし、授乳中の母親は、水分をたくさん飲み、輸入または低温殺菌されていないソフトチーズ、タバコの煙、アルコール、マグロ、メカジキなどの大型または長生きの魚(水銀が多い傾向がある)を避けるなどの予防策を講じる必要があります、サメとオレンジラフィー。授乳中の母親のエネルギー要件に関する医学研究所の議論では、母乳生産中の女性の代謝率が4〜5パーセント増加すると推定しています。現在、米国保健社会福祉省は、授乳中の女性が出産後の減量戦略として、妊娠前に消費していたのと同じカロリー数を維持することを推奨しています。

    9
Katherine   

研究によると、母乳で育てられた乳児は、耳や呼吸器感染症、下痢、髄膜炎、乳幼児突然死症候群、虫垂炎、アレルギーなどの感染症のリスクが低いことがわかっています。また、乳児として母乳で育てられた子供と大人は、糖尿病、炎症性腸疾患、小児肥満、オーバーバイト、セリアック病だけでなく、小児リンパ腫、白血病、多発性硬化症を発症する可能性が低くなります。

さらに、母乳は、認知発達、定期予防接種に対する抗体反応、および子供の視覚発達を強化します。母乳は、2年をはるかに超えて乳児に免疫システムの利点を提供し続けます。

母乳育児は母親にとってもメリットがあり、母乳育児をしている女性は閉経前の乳がん、卵巣がん、骨塩密度の低下のリスクが低い可能性があることが研究でわかっています。

    10
Nandin   

専門家は、6か月間の母乳育児を推奨しています。これは、乳児が年をとるにつれて変化し、発達する重要な栄養素を乳児に提供します。研究によると、母乳で育てられている乳児は、中耳炎(耳の感染症)、胃腸炎、アトピー性皮膚炎(湿疹)、下気道感染症、乳幼児突然死症候群の頻度が低いことが示されています。乳児期に母乳で育てられなかった子供のための肥満、1型および2型糖尿病および喘息へのリンクもあります。

    11
Hadar   

乳児と母親の両方に母乳育児をすることには多くの利点があります。母乳育児は、成長期の乳児にとって理想的な栄養源であるだけでなく、耳の感染症、呼吸器感染症、胃腸疾患、湿疹、アレルギー、喘息、肥満、乳幼児突然死症候群から乳児を保護します。母親にとっての利点には、母乳育児の便利さ、粉ミルクと比較したコスト削減、ユニークな絆の経験、そして出産からのより迅速な回復が含まれます。母乳を生産するには1日あたり400〜500カロリーが必要なため、母乳育児中の母親にとっては産後の体重減少も容易な場合があります。

    12
Thirza   

当然のことですが、母乳は人間の赤ちゃんにとって理想的な栄養素です。栄養上の利点に加えて、私たちは母乳の予防接種の利点について常に学んでいます。母乳は、一般的な保護と状況固有の保護の両方を提供します。現在、母乳育児により、乳児期の急性感染症(耳の感染症など)のリスクが65%減少し、最初の6か月であらゆる原因による喘鳴(症状)が半減するという強力な証拠があります。

これを超えて、母乳育児は知的利点を与えるように見えます。他の考えられる説明を考慮した研究の大規模なメタアナリシスは、母乳育児は認知発達を高める傾向があると結論付けました。

母乳育児は母子にとって非常にやりがいのあることですが、最初の1、2週間は困難または不快なこともよくあります。授乳コンサルタントからのアドバイス、フィードバック、励ましを入手して、開始と途中でのトラブルシューティングを支援してください。

    13
Dior   

短期的には、母乳を受け取る赤ちゃんは次のようになります。

  • 耳の感染症が23%減少
  • 母乳で育てられている月の間に27パーセント少ない肺と呼吸器感染症
  • 母乳を4か月以上受けている人の呼吸障害による入院が72%減少
  • 嘔吐のエピソードが64%少ない
  • 下痢に関連する入院が53%減少
  • 赤ちゃんが母乳を受け取る月の入院期間が30%少なくなります
  • 乳幼児突然死症候群による死亡の可能性が低い

長期的には、母乳を受け取る赤ちゃん:

  • 小児白血病を発症する可能性が低い
  • 小児期に喘息を発症する可能性が低い
  • 1型または2型糖尿病を発症する可能性が低い
  • アトピー性皮膚炎、慢性のかゆみを伴う皮膚の状態を発症する可能性が低い
  • 大人として太りすぎや肥満になる可能性が低い
  • 全体的にアレルギーが少ない
  • 生涯を通じてより健康的な血圧とコレステロール値を維持する
  • より高い知性を示す
    14
Kabir   

母乳育児は、絆を深め、優しい体験です。それは恥ずかしいことでも競争的なイベントでもありません、そしてそれはあなたの子供に多くの重要な健康上の利益を与えます。母乳は、特にプロバイオティクスカプセルを1日2回服用した場合に、免疫力を強化するための優れた腸内細菌を提供します(優れた腸内細菌は母乳に移動するようです)。母乳はまた、炭水化物、タンパク質、脳を活性化する脂肪酸の適切なバランスに加えて、消化タンパク質、ミネラル、ビタミン、ホルモン、および病気と戦う抗体を供給します。看護師がアレルギー、湿疹、消化器系の苦痛、呼吸器疾患をかわす子供たちは、糖尿病、肥満、乳幼児突然死症候群、虫歯は言うまでもありません。

    15
Dorothy   

母乳育児はあなたの子供に最高の栄養を提供します。母乳育児は、赤ちゃんの耳の感染症、呼吸器疾患、乳幼児突然死症候群、肥満、高血圧のリスクを減らします。母乳育児はまた、出産後の体重減少を助け、乳がんと卵巣がんのリスクを減らすなどの利点を母親に提供します。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved