ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

アモキシシリンは副鼻腔感染症に良いですか?

2021-03-01 15:04:31
1 つの答え
    1
Nina   

アモキシシリンは、患者の健康を改善する強力な実績があるため、一般に副鼻腔感染症の治療に選択されています。さらに、アモキシシリンを服用している場合、患者は通常、多くの副作用に苦しむことはありません。アモキシシリンは、前述のすべての菌株との闘いに対して非常に効果的な薬剤の1つであるため、副鼻腔感染症の治療に関しては最初の選択肢です。また、他の抗生物質と比べて副作用が少ないです。

アモキシシリン機能

アモキシシリンは抗生物質のペニシリンのカテゴリにあります。これは、特定のタイプの細菌に使用される狭域スペクトルの抗生物質と考えられています。アモキシシリンは、細菌の細胞壁の構築を破壊することによって機能します。細菌が一定のレベルまで成長すると、爆発して感染を破壊します。しかし、アモキシシリンは、この薬を服用している間、体内の他の有用な細菌を殺す可能性があります。

アモキシシリンの考慮事項

ペニシリン薬や他の抗生物質にアレルギーがある場合は、アモキシシリンを服用しないでください。副鼻腔感染症を治療するための代替抗生物質治療について医師に相談してください。胃腸の問題、心臓病、肝疾患がある場合、アモキシシリンはあなたにとって適切な薬ではないかもしれません。アモキシシリンは、さまざまなタイプの避妊の有効性を低下させる可能性があるため、妊娠を避けている場合は、追加の予防策を講じる必要があります。抗生物質と一緒にプロバイオティクスサプリメントを服用すると、腸内および全身の細菌レベルを維持し、下痢を予防するのに役立ちます。たとえ症状が改善したとしても、処方された全量を服用してください。そうでなければ、副鼻腔感染症が再発する可能性があります。

アモキシシリンの副作用

アモキシシリンを服用している間の一般的な副作用は、発熱、頭痛、喉の痛みです。より深刻ですが、あまり一般的ではない副作用には次のものがあります。

  • 嘔吐を伴う胃の痛み
  • 膣のかゆみ
  • 激しい頭痛
  • 黒いまたは腫れた舌
  • 喉の痛み

アモキシシリン用量

アモキシシリンは、通常は胃に影響を与えないため、食事の有無にかかわらず服用できます。子供のための一般的な用量は、最大10日間、1日2回200〜400 mgです。子供のアモキシシリンは液体の形で提供されるため、薬物が均等に分散されるように、投与前に激しく振る必要があります。成人には、500〜875 mgのアモキシシリンが処方され、1日2回、最大10日間服用されます。

アモキシシリン警告

抗生物質の乱用は、アモキシシリンに対する免疫をもたらす可能性があります。この薬剤に対する耐性が生じた場合、副鼻腔感染症を治療するために、医師は抗生物質の別の分類を推奨する場合があります。可能であれば抗生物質の使用を避けます。ペニシリンに関連していると思われる懸念については、医師に相談してください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved