ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

石灰化した大動脈の症状は何ですか?

2021-03-20 07:09:31
1 つの答え
    1
Aba   

心臓に影響を与える多くの疾患があり、それらの1つは大動脈石灰化または大動脈におけるカルシウムの沈着です。体内で最も重要な器官の1つは、循環器系の主要器官である人間の心臓です。健康な心臓は生命を維持し、病気から身体を保ちます。身体の他の臓器と同様に、心臓も不健康な食習慣やライフスタイルに起因するさまざまな障害の影響を受けます。心臓、特に心臓の大動脈に影響を与えるそのような障害の1つは、血管内の石灰化またはカルシウム塩の蓄積です。

大動脈石灰化は、大きなカルシウム沈着物が心臓の大動脈に蓄積される疾患です。これらのカルシウム沈着により、大動脈弁の開口部が狭くなり、心臓への血流が減少し、胸痛や心臓発作を引き起こす可能性があります。大動脈弁の開口部を狭めることは、医学用語では大動脈弁狭窄症として知られています。個人が心臓病の他の症状を示さない場合でも、大動脈弁におけるカルシウムの沈着は心臓関連障害の早期の兆候である可能性があります。この血管の障害は、心臓だけでなく、腹腔内で最大の動脈である腹部大動脈にも発生します。この状態は腹部大動脈石灰化として知られています。

この病気の兆候を初期段階で特定することは不可欠です。複雑になると、治療に時間がかかる可能性があるためです。軽度の石灰化は、次の症状を観察することで診断できます。

  • 心雑音
  • 胸部の圧迫感とそれに続く痛みまたは狭心症
  • 特に過度の運動と活動の増加中に疲労を経験する
  • 速い心拍の感覚
  • 咳、特に横になったときや夜間
  • 足首と足の腫れ
  • 過度かつ頻繁な排尿
  • 過度の運動を伴うめまい感
  • 吐き気

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved