ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

リンパ腫がんの予後は?

2021-04-02 07:09:31
1 つの答え
    1
Palti   

これらは、リンパ腫の生存率に関する一般的な統計です。発生率は、個人の健康、種類、がんの診断段階によって大きく異なる場合があります。リンパ腫の正確なタイプ、および診断時の疾患の病期に基づいて、化学療法、放射線療法、およびモノクローナル抗体などの治療が行われることがあります。侵攻性リンパ腫の診断はあなたの人生をひっくり返す可能性がありますが、希望を失わないことが最善です。早期の正確な診断により、リンパ腫の治療と回復が可能です。

以下のデータは、米国癌協会の統計(2020年1月)からのものです。

ホジキンリンパ腫の生存率

ホジキンリンパ腫のすべての人の5年生存率は87%です。がんがその初期段階で発見された場合、5年生存率は92%です。がんが局所的に拡がる場合、5年生存率は94%です。がんが体のさまざまな部分に拡がっている場合、5年生存率は78%です。

非ホジキンリンパ腫の生存率

I期非ホジキンリンパ腫では、5年生存率は82%以上です。ステージIIの5年生存率は75%、ステージIIIの生存率は70%です。 IV期の非ホジキンリンパ腫では、5年生存率は62%以上です。これらの生存率は、がんの病期とサブタイプによって異なります。

このウェブサイトの内容は情報提供のみを目的としており、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療の代わりになることを意図したものではありません。また、このウェブサイトのコンテンツは、医師の患者または治療上の関係の確立を構成するものではありません。このコンテンツは一部の医師の個人的な見解のみを表しており、実際の状況とは異なる場合があります。内科疾患に関する質問がある場合は、必ず医師または他の資格のある医療提供者にアドバイスを求めてください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved