ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

母乳中の抗体は赤ちゃんをどのくらいの期間保護しますか?

2021-05-09 15:04:31
1 つの答え
    1
Ugod   

免疫グロブリンとも呼ばれる抗体は、細菌やウイルスなどの悪者を追い払うために免疫システムが使用する特別なタンパク質です。それらは5つの異なるクラスに分類され、5つすべてが母乳に現れているが、特に1つは最も顕著である:分泌型IgA(または免疫グロブリンA)。これらの抗体は腸内にあり、攻撃者から保護します。赤ちゃんが母乳を飲むと、腹部にIgAが含まれ、病原体(病気を引き起こす可能性のあるもの)と戦うのに役立ちます。 FormulaはIgAを生成しません。そのため、赤ちゃんの腹を保護するために母乳が非常に重要です。

他にも、ラクトフェリンとリゾチームという2つの成分が赤ちゃんの体を保護する上で重要な役割を果たしています。ラクトフェリンは、彼らの炭水化物消化プロセスをかき混ぜることによって細菌の成長と戦うことができます。ラクトフェリンはまた、多くの病原体が成長または発達するミネラルである鉄の利用可能性を溶解することができます。リゾチームはお腹の中でのバクテリアの成長を防ぎ、抗炎症作用もあります。

母親が病原体と接触すると、彼女の体はそれと戦うために必要な抗体を作り始めます。これらの抗体は非常に特異的であり、母親が遭遇した特定の病原体と戦うために作られています。彼らは母親の腸から母乳が作られる彼女の乳腺に移動します。赤ちゃんが母乳を飲むとき、抗体は赤ちゃんが人生の早い段階で遭遇する潜在的な感染から赤ちゃんを安全に保つのを助けます。そして、赤ちゃんが母親の前に細菌に接触した場合、赤ちゃんは授乳中に細菌を母親に渡し、次の授乳セッションが始まるまでに、母乳は、赤ちゃんを細菌から保護するための抗体ですでにいっぱいです。 。

母乳は、豊富で容易に吸収される栄養成分、抗酸化物質、酵素、免疫特性、母親からの生抗体を提供します。母親のより成熟した免疫システムは、彼女と彼女の赤ちゃんがさらされた細菌に対して抗体を作ります。これらの抗体は、赤ちゃんを病気から守るために母乳に入ります。免疫グロブリンAは、赤ちゃんの未熟な腸の内層を覆い、細菌やアレルゲンの漏出を助けます。母乳には、乳児を自然に落ち着かせる物質も含まれています。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved