ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

インフルエンザワクチンは母乳を通過しますか?

2021-05-13 07:09:31
1 つの答え
    1
Pandora   

はい。インフルエンザの予防接種は、授乳中の女性と6ヶ月以上の乳児にとって安全です。実際に、妊娠中または授乳中にインフルエンザワクチンを接種した女性は、インフルエンザに対する抗体を発現し、母乳を通じて乳児と共有することができます。母乳育児は、インフルエンザワクチンを接種できない6か月未満の子供を含む乳幼児のインフルエンザに対するある程度の保護を提供します。年間インフルエンザの予防接種は6ヶ月以上のすべての人に推奨され(まれなケースを除く)、妊娠中の女性には特に重要です。さらに、生後6か月未満の子供をインフルエンザから保護するために、乳幼児の周りの人々(介護者や世帯員など)は、インフルエンザの予防接種を受ける必要があります。

インフルエンザワクチンは、妊娠中および授乳中の予防接種の安全な選択と考えられています。赤ちゃんが生後6か月以上の場合、小児科医はインフルエンザに対するワクチン接種も勧めることがあります。生後6か月未満の子供は、生後6か月未満の乳幼児には承認されていないため、インフルエンザの予防接種を受けるべきではありません。ただし、妊娠中または赤ちゃんが生まれた直後にインフルエンザワクチンを接種した場合でも、それは新生児または幼児の助けになります。あなたの母乳は防御抗体と免疫増強特性でいっぱいです。これらの保護特性は、母乳を通り抜けて子供に届き、子供が病気や病気と戦うのを助けます。

乳児は深刻なインフルエンザ関連の合併症のリスクが高いため、インフルエンザのある母親は、母乳育児の方法に関係なく、インフルエンザが乳児に伝染しないように予防策を講じる必要があります。これらの予防策は、インフルエンザウイルスに対するワクチン接種ができないため、生後6か月未満の幼児にとって特に重要です。インフルエンザのある母親は、乳幼児や乳幼児が触れるもの(母乳育児中を含む)に触れる前や、くしゃみや咳をするときはいつでも、石鹸と水で手をよく洗い、乾かしてください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved