ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

母乳育児は母親の免疫力を高めますか?

2021-05-16 07:09:31
1 つの答え
    1
Tahir   

赤ちゃんの免疫システムは成人の免疫システムほど強力ではありません。授乳と赤ちゃんへのワクチン接種は、深刻な病気から赤ちゃんを守るのに役立ちます。抗体と栄養素は母親から赤ちゃんへ母乳を通って伝わります。母乳育児は、赤ちゃんの免疫システムを高めるのに役立ちます。あなたが新しいお母さんなら、母乳育児のすべての利点について聞いたことがあると思います。赤ちゃんとの絆を深めるのに役立つだけでなく、母乳には赤ちゃんに非常に効果的で有益な抗体と栄養素が含まれています。赤ちゃんに対する感染症対策のメリット、および猛威を振るう風邪やインフルエンザの季節を考えると、母乳育児がお母さんの免疫力をいかに高めるか疑問に思うかもしれません。

母乳育児で糖尿病や心臓病のリスクを軽減

母乳育児は、メタボリックシンドロームの発症から母親を保護するため、母親の健康に貢献します。メタボリックシンドロームは、高血糖、高血圧、不健康なコレステロール値などの症状の組み合わせで、糖尿病、脳卒中、または心臓病になる可能性が高まります。 2017年の調査では、1年以上母乳で育てた女性はメタボリックシンドロームの発症リスクが低く、母親の健康の質が向上することがわかりました。

母乳育児は、乳がんと卵巣がんのリスクを軽減します

糖尿病や心臓病などの慢性状態を発症するリスクを軽減することに加えて、母乳育児は、より深刻な状態を発症するリスクを最小限に抑えることもできます。母乳で育てると、乳がんや卵巣がんなど、特定の種類のがんにかかる可能性が低くなります。授乳中に放出されるオキシトシンは、分娩後の出血を減らしながら子宮のサイズを小さくするのにも役立ちます。オキシトシンは、産後うつ病を発症するリスクを軽減し、ストレスを減らし、幸せな気分にさせることさえできます。研究によると、ストレスやうつ病のレベルが高いと免疫反応が低下する可能性があるため、幸せであれば健康になります。

骨粗しょう症のリスクを軽減する母乳育児

母乳で育てると、骨も強くなります。母乳で育てると、体がカルシウムを吸収しやすくなるため、やがて骨は時間とともに密度が高くなります。母乳育児から得られる骨の利点は、閉経後骨粗しょう症のような状態を発症する可能性を減らすことさえできます。

母乳で育てることがあなたの全体的な健康を改善することができる方法がいくつかあります、それはあなたがより強い免疫システムを維持するのを助けるかもしれません。あなたはより多くの睡眠を得ているかもしれません、そしてそれが健康を保つことになると睡眠は重要です。体が感染と戦うために必要な数の抗体や細胞を産生する機会を得られないため、睡眠不足は免疫系に害を及ぼす可能性があります。だから、あなたがより多くの睡眠を得れば、あなたの免疫システムはより良くなるでしょう。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved