ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

骨壊死は治りますか?

2021-05-21 07:09:31
1 つの答え
    1
Kiona   

誰もが骨壊死を起こす可能性があります。骨壊死は、骨への血液供給の喪失に起因します。血液がなければ、骨組織は死に、骨は崩壊します。骨壊死のほとんどの人は治療が必要です。小さな無症候性病変は自然治癒する可能性があり、治療を必要としない場合があります。

症候性および無症候性の両方のより大きな病変は、治療しない場合、特に大腿骨頭にある場合、予後が不良です。したがって、進行を遅らせたり予防したりして関節を救うための早期治療が望ましい。完全に効果的な治療法はまだありません。非外科的治療には、薬物(ビスフォスフォネートなど)や物理的療法(電磁界や音波など)が含まれます。薬物療法と理学療法は限られた研究で有望であることが示されていますが、現在一般的には使用されていません。

骨壊死の治療には以下が含まれます:

  • 骨壊死の影響を受ける骨への損傷を回避することが治療の第一線です。
  • これには、体重を支える関節が含まれる場合、体重を支えない(松葉杖など)などが含まれます。
  • 特に若い人の場合、可能であれば、患部の関節を温存し、関節の置換を回避することを目的としています。
  • 骨壊死の根本的な原因(喫煙やアルコール摂取の停止など)と根本的な疾患の管理は、疾患の進行を最小限に抑え、他の骨の関与を防ぐために不可欠です。
  • アレンドロネートなどのビスホスホネート薬は、骨壊死患者の骨の痛みを軽減し、機能を改善することが示されています。
  • さらに、特定の状況では、血中脂肪を下げるための薬物療法(コレステロールやトリグリセリドを含む脂質)や抗凝固薬(抗凝固薬)が効果的に使用されています。

骨壊死の外科的管理は、関節温存術と関節置換術(関節形成術)に分けられます。

  • 完全な関節置換の必要性を遅らせる関節温存手術には、罹患した骨への血液供給の改善を可能にする対策が含まれます。これらの手技は通常、股関節の早期骨壊死に使用され、股関節の大腿骨骨頭からの骨の芯の除去(芯の減圧)や局所骨移植の手技が含まれます。
  • 骨置換術は、関節置換術をさらに遅らせるために使用されることがあります。
  • 骨壊死が重要な段階に進行し、骨が崩壊した場合、最終的に関節置換手術が必要になります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved