ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

低体温症の症状:不明瞭な発話

2021-06-13 15:04:31
1 つの答え
    1
Xandy   

不明瞭な発話の一般的な原因には、発話が理解しづらくなったときの神経系の障害が含まれます。低体温の状態で体温が低下し始めると、神経系にも影響が及び、脳、神経系、音声間のコミュニケーション障害が鈍く、むずむずとなる一貫性のない音声として観察されます。これは、話すために使用される筋肉が弱くなり、個人がそれらを制御することが困難になるためです。

はっきりと話せるようにするには、健康で活発な脳が必要です。そのため、脳に何か問題があると、音声が影響を受ける可能性があります。低体温症が脳の速度を低下させると、患者の会話は苦しみ始めます。彼らはまるで酔っ払っているかのように、時には矛盾してつぶやきます。誰かが突然はっきりと話すのに苦労するかもしれない多くの理由があり、それが起こった場合、緊急の医療処置が求められるべきです。

震えは、体温の低下に対する体の自動防御、つまりそれ自体を温めようとする試みであるため、体温が低下し始めるときに最初に気付くでしょう。低体温症の兆候と症状は次のとおりです。

  • 震え
  • 不明瞭な発言やつぶやき
  • 呼吸が遅い
  • 遅い心臓のリズム
  • 不器用または協調の欠如
  • 眠気または非常に低いエネルギー
  • 混乱または記憶喪失
  • 意識の喪失
  • 真っ赤な肌、冷たい肌

低体温症の人は通常、症状が徐々に始まるため、自分の状態に気づいていません。また、低体温症に伴う混乱した思考は、自己認識を妨げます。混乱した思考は、リスクを冒す行動にもつながります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved