ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

父親の喫煙は先天性欠損症を引き起こす可能性がありますか?

2021-07-01 15:04:31
1 つの答え
    1
Macon   

喫煙は多くの理由で有害であり、妊娠中の喫煙は胎児に害を及ぼす可能性があるため、特に不適切です。しかし、ある研究では、受胎前に定期的に喫煙する父親も子供に遺伝的レベルの損傷を引き起こす可能性があることを示唆しています。父親は妊婦の間接喫煙の大きな原因であり、それは自分で喫煙する女性よりも胎児にさらに有害であると思われます。

先天性心疾患は死産の主な原因であり、世界中で生まれた0.8%の赤ちゃんに影響を与えます。革新的な手術により予後と生活の質は改善され続けていますが、この疾患の影響はまだ生涯続きます。喫煙は催奇形性であり、発達奇形を引き起こす可能性があります。将来の両親の喫煙と先天性心疾患のリスクとの関連性は、出産適齢期の喫煙者の増加に伴い、ますます注目を集めています。

これは、父方の喫煙と母方の受動喫煙と子孫の先天性心疾患のリスクとの関係を調べる最初のメタアナリシスでした。以前の分析は女性の喫煙者に焦点を当てていました。研究者は2018年6月までに入手可能な最良の証拠をまとめました。これは、先天性心不全の137,574人の赤ちゃんと880万人の見込みのある親に関する125件の研究に相当します。すべての種類の親の喫煙は先天性心疾患のリスクと関連しており、喫煙なしの場合と比較して、男性の喫煙は74%、女性の受動喫煙は124%、女性の喫煙は25%増加しました。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved