ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

アルコールは精子数に影響しますか?

2021-07-13 07:09:31
1 つの答え
    1
Tabari   

アルコールの影響を受けるのは女性の生殖能力だけではありません。過剰なアルコールは男性のテストステロンレベルと精子の質と量を低下させます。また、性欲を低下させ、勃起不全を引き起こす可能性があります。アルコールは男性の生殖器系に非常に有害である可能性があります。それは睾丸に有毒であり、精子を作り、男性ホルモンのテストステロンを生成することに関与しているすべての重要な細胞に影響を与えます。また、脳の視床下部と下垂体のレベルでホルモン産生に影響を与えるようです。

アルコールは睾丸自体に有害な影響を与えるだけでなく、正常で健康な精子の生産に必要なホルモンの微妙なバランスを混乱させます。慢性的な大量飲酒は、睾丸の収縮とテストステロン産生の低下を引き起こす可能性があります。これにより、勃起不全、男性の特徴の喪失(顔や胸の毛の減少など)、腰への脂肪の蓄積が生じる可能性があります。アルコール乱用の場合、それはまた不妊症を引き起こす可能性があります。

多くの研究により、男性の大量のアルコール摂取は、精子数と精子の質に影響を与えることが明らかになっています。精子の形(または形態)は特に影響を受けているようで、卵子を受精させる能力を低下させる可能性があります。そして、精子を損傷する危険性があるのは大量飲酒者だけではないかもしれません。適度なアルコール摂取でさえ精子の数と質に影響を与えるようです。

ある研究では、週に5ユニット以上の適度なアルコール消費(1ユニットのアルコールはビールのグラスと説明されていました)が精子数と精子の質の低下に関連していることがわかりました。良い知らせは、アルコールを控えることは精子の生産と質への有害な影響を逆転させることができるということです。精子が成熟するまでに最大72日かかります。そのため、アルコールを控えることで得られるプラスの効果には、おそらく2〜3か月かかります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved