ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

夜にリンゴを食べるのは悪いことですか?

2021-08-08 15:04:31
1 つの答え
    1
Oddvar   

研究によると、朝はリンゴを食べるべきです。これは、リンゴの皮に含まれる食物繊維、ペクチンが豊富だからです。ほとんどの人は不適切な睡眠や遅い食生活のために消化器系の問題を抱えているので、起きてからリンゴを食べるのは良い考えです。果物の天然酸は胃の酸レベルを高め、不快感を引き起こします。そして、あなたの消化が夜遅くなると、リンゴはおなかに長く残り、これらの酸が蓄積する時間を与えます。

リンゴを食べるもう5つの理由:

  • それらは炎症を減らし、結腸癌を防ぐのを助けます:リンゴは、結腸癌の発生を防ぐ可溶性繊維であるペクチンを含んでいます。アップルペクチンはまた、炎症反応を調節し、痛みを伴う炎症から保護する能力を持っています。
  • りんごには免疫増強ビタミンCが含まれています。これにより、天気が変化し、風邪やインフルエンザを防ぐ必要がある秋のりんごは、素晴らしいスナックになります。
  • 血糖値のスパイクを低減します。リンゴにはアミラーゼ阻害剤が含まれており、腸管でのデンプンと糖の吸収を低下させます。リンゴに含まれるこれらのポリフェノールは、糖分の吸収を低下させ、血糖値の上昇を防ぎ、食事全体の血糖負荷を低下させます。
  • リンゴで腹部の脂肪を減らす:リンゴは、太りすぎの人の内臓の腹部の脂肪を大幅に減らし、副作用はありません。リンゴのポリフェノールは、あらゆる種類の体脂肪の代謝にも重要な役割を果たします。
  • リンゴはコレステロールを減らし、心血管疾患から保護します:リンゴには、血中の低密度リポタンパク質コレステロール値を下げることが示されている特定のプロシアニジンが含まれています。これらは、心臓病から保護するために赤ブドウに存在するのと同じプロシアニジンです。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved