ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

梅毒のどの段階が伝染性ですか?

2021-10-06 07:09:31
1 つの答え
    1
Ilhan   

第二段階では非常に伝染性です。梅毒の第2ステージは、梅毒が発症してから2週間から8週間、場合によっては治癒する前に現れる発疹を特徴とします。他の症状も発生する可能性があり、これは感染が全身に広がったことを意味します。人は第2段階で非常に伝染性です。梅毒の原因は、トレポネーマパリダムと呼ばれる細菌です。最も一般的な感染経路は、性行為中の感染者の潰瘍との接触によるものです。細菌は、皮膚や粘膜の小さな切り傷や擦り傷を通して体に入ります。梅毒は、その第1期と第2期、時には第3期の初期に伝染します。

梅毒は性感染症であり、治療しないと深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。梅毒は段階に分けられます(梅毒の第1段階、梅毒の第2段階、梅毒の第3段階、梅毒の第3段階)。各段階に関連するさまざまな兆候と症状があります。

梅毒に感染して治療を受けていない人の約15%から30%は、後期梅毒と呼ばれる合併症を発症します。後期段階では、この疾患は脳、神経、目、心臓、血管、肝臓、骨、関節を損傷する可能性があります。これらの問題は、元の未治療の感染から何年も後に発生する可能性があります。

このウェブサイトの内容は情報提供のみを目的としており、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療の代わりになることを意図したものではありません。また、このウェブサイトのコンテンツは、医師の患者または治療上の関係の確立を構成するものではありません。このコンテンツは一部の医師の個人的な見解のみを表しており、実際の状況とは異なる場合があります。内科疾患に関する質問がある場合は、必ず医師または他の資格のある医療提供者にアドバイスを求めてください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved