ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

梅毒は目に影響を与えますか?

2021-10-17 07:09:31
1 つの答え
    1
Abhi   

目の問題は、梅毒の多くの深刻な合併症の中で最も一般的なものです。それは目のほとんどすべての部分または視覚に関与する脳領域の炎症を引き起こす可能性があります。症状は、影響を受ける特定のサイトに依存し、痛み、くもり、視界のぼやけ、複視、失明などがあります。梅毒感染のまれな症状である眼性梅毒は、失明を含むさまざまな目の症状を引き起こす可能性があります。眼症状を示す梅毒と診断されたすべての患者は、すぐに神経梅毒の治療を受け、正式な眼科診察を受けてください。梅毒の眼症状を特定し、後遺症を管理するには、患者と医師の両方の教育が重要です。

抗生物質ペニシリンは梅毒と神経梅毒の治療に使用されます。通常のレジメンは10〜14日続きます。場合によっては、治療中は入院する必要があります。回復中は、3か月と6か月の時点で血液検査が必要になります。その後は、治療後3年間は毎年血液検査を受けるべきです。

神経梅毒は、HIV感染者に特によく見られます。これは梅毒潰瘍がHIVに感染しやすくなるためです。神経梅毒とHIVの患者は通常、ペニシリンの注射が必要で、完全に回復する可能性は低くなります。

このウェブサイトの内容は情報提供のみを目的としており、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療の代わりになることを意図したものではありません。また、このウェブサイトのコンテンツは、医師の患者または治療上の関係の確立を構成するものではありません。このコンテンツは一部の医師の個人的な見解のみを表しており、実際の状況とは異なる場合があります。内科疾患に関する質問がある場合は、必ず医師または他の資格のある医療提供者にアドバイスを求めてください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved