ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

クラミジアを治癒するためにアジスロマイシンはどのくらいかかりますか?

2021-10-23 07:09:31
1 つの答え
    1
Ester   

約7日:クラミジアの通常の治療と同様に、アジスロマイシンは1回の投与で10日以上体内に留まることがあります。 7日目までにクラミジアは治癒し、微生物が感染する可能性はごくわずかになります。クラミジアと淋病はどちらも細菌によって引き起こされる性感染症です。彼らは、オーラル、性器、またはアナルセックスを通じて契約することができます。

アジスロマイシンは、クラミジア感染症の最も効果的な治療法の1つであり、治癒率は98%です。非常に良好な耐性と高いコンプライアンスにより、この抗生物質はクラミジア・トラコマチスの治療における最初の選択肢となります。治療を受けてから数日以上経過しても症状が続く場合は、医師の診察を受けてください。

アジスロマイシンは、効果を持続させ、細胞内に濃縮し、子宮および子宮頸部組織で20日以上の非常に高いレベルを達成します。婦人科組織におけるアジスロマイシンの長期にわたる高濃度により、Chlamydia trachomatisの長いライフサイクルを通じて抗生物質が確実に存在します。アジスロマイシンは、妊娠中のクラミジアに対して安全で効果的であることが証明されています。

このウェブサイトの内容は情報提供のみを目的としており、専門的な医学的アドバイス、診断、または治療の代わりになることを意図したものではありません。また、このウェブサイトのコンテンツは、医師の患者または治療上の関係の確立を構成するものではありません。このコンテンツは一部の医師の個人的な見解のみを表しており、実際の状況とは異なる場合があります。内科疾患に関する質問がある場合は、必ず医師または他の資格のある医療提供者にアドバイスを求めてください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved